TOEIC

2019年11月15日

ビーンとベンの有名なお話


【Today's topic】 

どんどん涼しく(寒く?)なって参りましたね!

さて、今日はTOEICにかかわる有名なお話を。

その名も「ビーン」と「ベン」のおはなし・・・

A0001631-00

s_1273529542_1_1

エヘッ、いや、そうじゃなくて・・・

「being」と「been」のお話です

つまり、パート1で出てくる描写が「進行形の受け身」と「現在完了形の受動態」の場合、難易度が上がると。そして、最近はこの傾向がどんどん強くなっているとか

これってどうなんでしょ? 自分の場合、ボーッと自然体で聴いていた方が、普通に解答できるような気がします。

で、いったん気にしだすと、深追いし過ぎて余計に混乱する・・・

安易(?)な解説の仕方では・・・

進行形の受け身の場合は「人」が写っていなければ、原則正解にならない

なんて解説されることが多いみたいです。うーん、ちょっと乱暴かな?

たしかに「have been ⁺ p.p」と「be動詞⁺being ⁺ p.p」の聞き分けなんて、難しくない!なんて思っていると、困るのが、「主語 ⁺ 's ⁺  been又はbeing ⁺ p.p」の場合です。

つまり、「have(has)」がハッキリ発音されれば、簡単なのですが、これが省略形になってくると、その後の「been又はbeing」が聞き分けできないと、厳しいということになります

そこで、登場するのが「ビーン」と「ベン」

・だいたい「ビーン」と聞こえる時は「being」です。
・そして
「ベン」とか「ビンッ」と聞こえる時は「been」ですね。


これをもとに、先ほどの原則にしたがって、人が写っているかいないか、で判断すれば、だいぶ楽にはなるのではないでしょうか?


ただ、ご存知のようにこれには、大きな落とし穴が!!


「display」「store」のような、動作ではなく状態を表す語であれば、受け身進行形で人が写っていなくても、正解になり得る!ということです。

Some items are being displayed outside.
(商品が外で展示中である。)

必ずしも「人」の登場は、必要ないです。

これに対し・・・

A fence is being removed.
(フェンスは撤去されているところだ)


これは「人」の登場が必要ですよね。

つまり、機械的・テクニック的に「TOEIC原則」を丸暗記するのではなく、ちゃんと文法的知識に裏付けされた「理解」が求められますよね。

そもそも、こんな原則がTOEIC界に普通に普及していたなんで、パート1の問題集を一気に解いた最近まで知りませんでした・・・(お恥ずかしい)

ま、引き続き頑張ります!!



【本日の体重測定】 

71.4kg  



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 02:32|PermalinkComments(0)

2019年11月04日

パート1での要注意語彙/「立てかける」系


【Today's topic】 

なんとなんと、久々に英語学習仲間の「たかさん」から連絡をいただきました~!!

いつも「オフ会」のお誘いは彼からですので、そろそろこちらから連絡してみようかなーと思っていた矢先に・・・また先越されました

明日、久々に飲みに行って参ります! 嬉しいですねー、たかさん、ありがとう!



さてさて、先日、妻が駅前で自転車を撤去され(何やってんだか・・・)、今日はその引き取りに、なぜか自分が行ってきました(世間では、これをパシリと言うw

自宅から収集所まで、徒歩で30分。

これは、休日に思ってもみない勉強時間の確保!とプラスに考え、まだ手つかずだったTOEIC「パート1」の問題集を一気に「聴き歩き」ました。

もうしばらくTOEIC受けていないので、最新の傾向はあまりわかりませんが、このパート、ほぼ全問正解(だと思う)ですが、たま~に1問、「ん?」と思うような難問が出現することがありますよね?

今日も、自分が抜け落ちていた知識を拾うことができました。(TOEICを受け慣れている人からすれば、当たり前の知識なのかもしれません。)

いわゆる「立てかける」「立てかけられている」「寄りかかっている」系の語彙です。

すぐにパッと浮かぶ、誰もが知る有名頻出語彙は lean against(over)~ですかね?

ただ、この他にもいくつか類語が存在します。

・prop against ~ 
He propped his bicycle (up) against the wall.  彼は自転車を壁に立てかけた.
※propは名詞で「支柱・つっかえ棒」の意味があります。

この語、以前ブログで「地下鉄の注意書き」の件で取り上げたのですが、なんと本番でも既出なようで・・・。意外と手強いTOEIC。

IMG_20180713_152949


・stand against~
stand a ladder against a wall はしごを塀に立てかける.


そして、今日出現したのがこの単語 ↓・・・中1レベルなのに、恐ろしい。

・rest (物・体の一部が)(ある場所に)置かれている,寄りかかっている

I sat with my elbows resting on the desk.
私は机に肘をついて座っていた。

The ladder was resting against the wall.
はしごが壁にかかっていた。

rest は、これ以外にも動詞としていくつか注意すべき意味を持っており、多義語でもあるので気を付けなければなりませんねー。

リーディングの「語彙・文法ができる」は、いつもほぼ100%な訳ですが、まだまだ基本語彙に漏れがあって怖いです。

気を引き締めて、明日からまた1週間、頑張ります!!



【本日の体重測定】 

71.2kg  



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 23:59|PermalinkComments(0)

2019年10月25日

同時処理能力というもの/先読みの是非


【Today's topic】 

久々に、ここ2~3日、TOEICの模試(初見)を解いてみました。

といっても、リスニングとリーディングは分けていますが(さすがに平日に、丸々2時間の確保は、フル勤務&日々残業&保育園送り係の父としては無理ですこういう所で無理はしない。)。

そこで感じたこと。

これは、ずっと以前から思っていたことなのですが、リスニングは「速読力」「同時処理能力」がかなり要求される、ということです。

何をいまさら、という感じですけどね

ナレーションが始まる前に、設問文と選択肢をザッと先に読み、ナレーションが始まったら、答えがわかったものからどんどんマークしていく。

そして、ナレーションが読み終わった頃には、すべてのマークを既に終え、もう次の設問の先読みに入っている。。。

これが、リスニング満点を取るのには理想的と言われています。

そして、これを実現するには、先の「速読力」と「同時処理能力」が要求される訳です。

ただし、気づきました。。。

今の自分には、これは無理です。

もう、音声のほうは、感覚で言うとだいたい95%ぐらいは聞き取れています。時々「ん?今なんて言った?」とか、意味がスーッと入ってこないセンテンスがポロッとあるぐらい。

ただ、聞きながら答えを選んでマークする、なんてことをやると、あっという間に聞き逃します。

これができる人って、ほんと凄いですね!

同時処理能力は、男性よりも女性のほうが優れていると一般的に言われているようですが。どうなんでしょうね。

だから、自分の場合は、設問文&選択肢2肢分の先読み、その後は音声に集中、ナレーションが終わった後に一気にマーク。

これが一番正答率が良いようです。

そして、ナレーションを聞いている間は、問題冊子に目を向けないで(向けると読んでしまうため)、ボーッと前の人の背中あたりに視点を浮かせておく。

こうすることで、音声に対する集中度合いがグッと増すことがわかりました。


そして、そもそも「先読み」は必要か?という議論が、この辺りで登場でしょうか

私の意見としては、相当高いレベルに達しない限り必須、かと。

自分も以前は「聞ければ、全て解けるはず!」と思っていたのですが、これはかなり高いレベルに達した人に言える話であり、通常は困難であると思います。

そして、最近のMIC問題グラフィック問題の登場が、この「先読みの必要性」を決定的なものにした感がありますね。

そうしないと、たとえ全て聴けていても「あー、そういえば、そこは何って言ってたっけ?」とか、「聴けたけど、グラフの理解が追い付かなかった・・・」なんてことになります。

もちろん、600点レベルぐらいまでは、そもそも音声自体があまり聞けていない訳ですから、「先読みしないで音声にのみ集中!そのほうがスコアが出るよ!?」というのは、一理あると思いますが。

学習者のレベルによって異なる、ということでしょうか。

では、引き続き頑張ります



【本日の体重測定】 

71.3kg  



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 00:29|PermalinkComments(0)

2019年10月02日

またYBMが『1000』出すらしいですね


【Today's topic】 

さてさて、今週と来週はまた残業が続いています。

11日に大きな仕事があるため、電車の中でも資料の読み込みを行なっており、英語勉をいったんストップです。

そんな中でも、情報だけは入って来るもの。

YBMさんが、また『1000』を出すらしいですね

既出とか公式ではなく、YBM自作ですが、質がいいので、また売れるでしょうね!

こちら。

新しいビットマップ イメージ (9)

YBM実戦TOEIC 1000 2019年 LC+RC です。

セット価格は、5,990円。

単体では、各々3,240円ですから、セットがお得です。

まだ、Amazonには出現していませんね。

トーイッカーの方は、ぜひ!!

私は買いませんが・・・(正確に言うと、買えませんがw



【本日の体重測定】 

71.6kg  



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 22:50|PermalinkComments(0)

2019年09月26日

ついに購入しました!


【Today's topic】 

仕事帰りに池袋のジュンク堂へ。

お目当ては、コチラ~↓

IMG_20190926_220737

はい、英検1級の過去問(6回分)です (パチパチ~←何が?

オメェ~、まだTOEIC800点前半のクセに、いくらなんでも早すぎだろうがー!

なんて、声があるのは重々承知の上。

あのね、そうじゃないんですよ。

この英検1級過去問ってのは、年度ごとにどんどん更新されて、本屋の本棚から消えていってしまうんです。

そのためプレミアがつき、ネット上でも(Amazon含む)旧年度版がバカみたいな価格で取引されるんですよ。

だから、今のウチになるべく多くの「過去既出セット」を確保しておくという目的での購入でございます。

実際に本格的に取り掛かるのは、もう少し先でございます。

でも、嬉しいことに、やっと音声ダウンロードが可能となりました(もちろん無料)。これまでは、別売のCDを買う必要がありましたから。

旺文社も、英検書籍を独占出版していましたが、近年の英検人気に伴い、あちこちの出版社からも、質のいい過去問がどんどん出てきました。それも最初からCD附属でね。これを見て慌てたのは容易に想像がつきます。

しかし、なぜか「1級過去問」だけは、やっぱり旺文社のみなんですよねー(2019年9月現在)。

何故なんでしょ? 難しすぎて、解答解説を作るの大変?

んなことた~ないよねぇ。。。

さて、新年の1月のTOEICの受験で、しばらく英検1級に切り替えます。TOEICのスコアがどんな状態であろうともです。正直、「求人広告」とか「架空のビジネス開業記事」ばかり読むのに飽きてきました。。。

ちょっとの間、TOEICから離れます。でも、また必ず戻ってきます



【本日の体重測定】 

71.3kg  



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 22:58|PermalinkComments(0)