英語雑感

2020年03月19日

There being ~ と来たら?


【Today's topic】 

皆様、お元気ですかー?

コロナにかかってませんかー?(もしいらっしゃったら、早く回復されることをお祈りします。)

いやー、久々の更新になってしまいました。最近の英語勉は、ひたすら「守り」に徹しています。

日々、ちょろちょろと基本文法を見直しています。以下の本を使って。というか、それしか時間が取れず・・・この時期は我慢我慢です。




さて、今日は「学生時代に、こんな上手いまとめ方をしてくれる先生に出会っていたらなぁ~」と思った出来事を1つ。

それは There being ~ についてです。

文中にコレが出てくると、訳しにくくてちょっと嫌だったりしないですか?(俺だけ?)

前述の本の中で紹介されていたので、さらにネットで検索をしていると、こんな記述が。

「There being ~ と来たら、分詞構文か動名詞!」

う~ん、なるほどー。そうやってスパッと割り切って覚えちゃうのですね?確かにわかりやすい。

分詞構文パターンにしても、動名詞パターンにしても、もともとこれは「There is(are)~構文」の変形です。


1 分詞構文の例

There being no evidence against him, Jack was released.(証拠がないので釈放された。)

このタイプは、慣用的な独立分詞構文ですから、There being no~(~がないので)で覚えておけば瞬殺ですよね。


2 動名詞の例

I never dreamed of there being such a quiet place in this noisy city.(このうるさい町中にこんなにも静かな場所があるなんて夢にも思わなかった。)

つまり「there is [are]」が動名詞化すると、is が being になり、形式的な主語 there が動名詞の意味上の主語として残り、「there being」という形が出来上がる。したがって、there自体は特に意味をなさず、「~があること」を表す。動名詞なので、動詞や前置詞の目的語になることができる


これで、スッキリですね。

なんと、2つ目の例文はセンター試験での出題です。there being の部分が( )で抜かれて、4択から選ぶ形になっています。基礎が出来てない受験生にとってみれば、かなりの難問だったに違いありません。

ちょっとした文法事項の整理でした。

さて、明日も頑張ります!!

おやすみなさい



【本日の体重測定】 

73.8kg 



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 00:23|PermalinkComments(0)

2020年03月01日

本当に「すごい人」はいないのか?


【Today's topic】 

こんな「本音」をブログに書いたら、大ブーイングを喰らうんだろうな~

でも、現在の私の本当に思っていることなので、記録しておきます。

最初にお断りしておきますが、決して特定の方々を非難するつもりは毛頭ありません。ご気分を害されることなく、お読みいただければ幸いです。

英語学習をはじめてから数年経ちましたが、その間、私はずっと「すごい人」を探しています。

それは・・・

私とほぼ同様の環境の中で、高い英語力を獲得された方(TOEIC900点、英検1級等)です。

つまり・・・学習していた(急成長した)期間に、以下の条件を満たしていた方。

1 既婚者である。
2 0~7才ぐらいのお子様が数名いて「手のかかる子育て盛り」である。
3 ご自身が30~40代で、働き盛りである。
4 フルタイム勤務である。
5 TOEIC300~400点代からのスタートである。
6 留学、海外滞在経験がない。
7 仕事で英語は使わない。
8 土日祝日ももちろん、家事やパパ業(ママ業)に専念する。

これらを満たして英語をマスターした超人は、探せど探せど見つからず・・・

あ、、、決して、勉強ができない言い訳にしている訳ではありません。単純に、どのように時間を捻出したのか、家族との関係はどうだったのか、仕事との両立はどうしていたのか・・・

それを素直に聞きたい。

本当にただそれだけなのです。

ブログで有名になったトーイッカーの方々も、TOEIC問題集や、勉強ハウツ―本を次々と出版されている英語の達人たちも・・・

みんな、独身(離婚経験者多し)、または、既婚者でも子供はいない(または手を離れている)・・・、海外滞在経験アリ、仕事で英語を使う機会がある・・・等々

そんな方々ばかり。。。

これじゃーなぁ~。

決して、こんな台詞を言っちゃいけないのかもしれないけど、でも、言ってしまおう・・・

自分だって、もし独身で、帰宅後や休日の時間さえ自由に取れれば、一定期間をインテンシブに学習することで、その程度の成績ぐらいは獲得できたがな・・・

あ~ぁ、言っちゃった。。。

でも、これが本音です。

ま、実際にやってみた訳ではないので、わかりませんが。

おーい、これらを満たす「スーパーサイヤ人」級の方々よ!!

どこかにいらっしゃらないのだろうか・・・・

交流会や、勉強会に参加すれば、出会えるのだろうか?

繰り返しになりますが、学習期間中に上記1~8の条件を満たしていなければ、今の私にとって何の「アドバイザー的要素」は無い訳で・・・。

あ~ぁ、昔のアニメのパーマンに出てくる「コピーロボット」が欲しい・・・

なんだか、後味の悪いブログになってしまってゴメンナサイ・・・。

ではでは!



【本日の体重測定】 

73.4kg 



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 00:39|PermalinkComments(0)

2020年02月27日

久々の「ピックアップボキャブラリー」


【Today's topic】 

ブログ開始当初は、その日の学習で気づいた単語を「ピックアップボキャブラリー」というコーナーにして、自分自身の記憶になるべく残るように工夫して、日々のブログにあげていたものです。

そのコーナーも、いつの間にか消滅し・・・

たまには復活させてみるのもアリかなと。

ということで、今日の学習で気になった単語です。

速読でサラッと読もうとすると、似ているので紛らわしい。

でも、TOEIC900点越えの皆様なら、知っていて当然、基本中の基本単語でしょ?

な~んてね(笑)

さて、イキます。



【Pick up ボキャブラリー】

paralyse、paralyze、plagiarize です。

前2者は「麻痺させる、無効にする、無力化する」、後者は「剽窃する、盗む」ですよね。

英検で言うと、すべて準1級レベルです。

問題は、前2者。

何が違うの?同じなの? ってことですよね。一応、確認してみると「paralyze」がもともと英国仕様のようです。

ちなみに、最後の plagiarize (/pléɪdʒərὰɪz/) は、英字新聞を読んでいると時々お目にかかりますので、決してレベルの高い単語ではありません。fromをよく伴いますね。

復習!復習! 大丈夫ですか?



さて最近、語彙もそろそろ『1級パス単』に手をつけたくて、ウズウズしているところなのですが・・・



今はその前に基本文法のおさらいをしています。



いやーこの本、良く出来ていますね。

あのAtsuさんがYou tubeで紹介してから、バカ売れしたらしいですが、実際に読んでみると、結構細かい盲点までもが簡潔にまとまっていて、さすがアルク!と思わされます。

いまちょうど半分まで来ました。

レイアウト上、例文暗唱とかには向いていないので、「知識の漏れ・忘れている点の呼び起こし」のために使用しています。

本格的に1級対策に入る前に。

ではでは!!



【本日の体重測定】 

73.6kg 



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 23:18|PermalinkComments(0)

2020年02月03日

will、be going to、be~ing/子供へ教える


【Today's topic】 

諸事情あって、小2の息子のイーオンキッズを退会しました。

それ以降は、私が土曜日に家庭教師?です

文を組み立てるのはまだ早いので、簡単な単語から。

現在は所有格をやっています。

さて、問題は今後の教え方。

それは「未来型」。

う~ん、どうやって整理してあげようかな?

僕らが中学の頃は、「willとbe going toはイコールだ!」なんて乱暴な教え方がなされ、実際にその書き換え問題まで出題されていたように思うのですが・・・

最近は、この違いを「いつの時点で、どこまで、どのように」教えているんでしょうかね。

ちょっと本屋で、中学英語の教材を立ち読みしてこようとは思いますが。

そもそも、自分自身がこれをとっさに使い分けろ、と言われたら、かなり怪しいものがあります。

will、be going to、be~ing

英文法の名著である『フォレスト』や『一億人の英文法』では、そのニュアンスの違いが見事に説明されていますが、あくまで説明に適したイイ例文とともに掲載されているおかげのような気も・・・。

これを、新たな例文で( )で抜かれて「さて、どーれだ?」とヤラれたら、今の自分でもちょっと自信ない。

どっちでもイケるんちゃう?なんてのも出てきそうだしね。

文法書の通読で難しいのは、いちおう読んで「わかった気」にはなれること。

これが一番怖い。

読了しても、時間ばかり浪費して、何も使える状態になっていない可能性もある。というか、使う訓練をせねばならない訳だが。

人に教える、ってホント難しいですね。

いや、教える時になって初めて、自分自身が理解していないことに気づかされることが多いです。

ということで、どんどん教えよう!!



【本日の体重測定】 

72.5kg 



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 23:26|PermalinkComments(0)

2020年01月30日

ついに大海原へ/EE


【Today's topic】 

ここ3ヶ月ほど、筋トレにハマっています。

自分には「食べないで痩せる」という選択肢は、やっぱり何度考えてもあり得ません。

人間の基本的欲求の1つじゃないですか、「食欲」というのは。

美味しいものは、美味しくちゃんといただいて、人生楽しみたい。

だから、食べずに痩せるのではなく・・・

食べても太らない身体を作る。

これが最終結論です。

それには基礎代謝を上げる必要があります。そこで筋トレの出番ですね。

だいぶ前に一度、筋トレをかじったこともあってか、今のところイイ感じのペースで進んでいます。

トレーニング後の一時的にパンプアップした身体を鏡に映してみると、もうタマりませんね

まるで自分の身体ではないようです。

女性のように「腕や脚が太くなりたくない」なんて気にする必要はありませんからね。男は、どんどんムキムキにしちゃって構わない。

こういう少しずつの成長を実感できるのが「生きていて楽しい」ってことなんでしょうね。

ということで、マイケル君、現在肉体改造中です。



さてさて、英語勉のほうはというと?

今日から、CNN English express(通称EE) に入りました。



いや~やっぱり、ノンフィクションっていうのは、いいですねー。

読んでいて、目の前にその光景がありありと形成されてきて、まるで現場に自分がいるかのような、躍動感があります。

この本のいいところは、1冊の中で基礎・中級・上級と3段階に分けられていて、ウォームアップから難なく入っていけるところ。語注も豊富です。

基礎と言えども、素材自体は「本物」ですから、難単語も次々と現れてきて、これまたドキドキします。

今日は基礎編と上級編を少しずつ、つまみ食いしました。

上級編・・・う~ん、たまりません!!

これぞホンモノ! 特にインタビューは速い速い。 発音してねーぞ!?ってのがいっぱいあります。

時々こうやって大海原に出ていって、冒険することは大切です。

「TOEIC810点のアンタは、もっとレベルを下げて・・・」だの、「背伸びしたって効率悪いよ?」だの、そんな意見はハッキリ言ってクソ喰らえ!ですわ。 

オ~、ホッホッホッ

テスト学習のために、本当に必要なものがそぎ落とされて、レベルダウンされた教材による温室学習じゃ、いつまでたっても、その域を出ることはできませんからね。

今年は、その場で思いついた「やりたいこと学習」をどんどんやっていきます。

実践 → 基本の復習 → 実践 → 基本の復習

この繰り返しが大事です。

月刊誌ですが、1冊を2ヶ月かけて使い潰すかもしれません。

皆様も楽しんでイキましょう~



【本日の体重測定】 

72.6kg 



ここまでお読みいただき、ありがとうございます m(_ _)m  
よろしければポチッとお願いします 

 



knight2000_mh at 23:16|PermalinkComments(0)